ホーム

  • 依存症回復施設はこんなところ

    依存症回復施設はこんなところ

    こんにちわ、ぱらきぃとです。

    早速ですが、私は22歳のとき麻薬取締官に麻薬輸入・売買容疑で捕まり拘置所に入りました。
    余罪がすごく多かったので何度も再逮捕され、勾留期間は8ヶ月にものぼりました。
    自身でも大麻などを使用してヨレヨレでしたので、体重が38kgにまで落ちガリガリだったのですが、拘置所はお金さえあればお菓子などは食べ放題なので、そこで過食に入り30kg太り68kgになってしまいました。
    あのときの裁判を待つ苦しさや不安を思うと二度と薬物には手を出したくないと思う毎日です。

    さて、裁判では執行猶予判決となったのですが、その代わりに依存症回復施設(以下、施設)に入所することになりました。
    遠く離れた地域だったので不安もありますが、その時の自分に選択の余地はなく…

    施設の職員がインタベというのですが、依存症当事者のと間に介入(インタベ)し施設に行くように説得し施設まで付き添って連れて行きます。
    職員のほとんどは依存症当事者であり、私をインタベしてくれた人もそうでした。

    辿り着くとそこは依存症者の巣窟だった

    そして施設に着くと、そこは依存症(アディクトといいます)の人が40人近く集まった摩訶不思議な空間でした。
    私の施設は二階建ての割と新しめの建物で大きさは割と広くコンビニ2件ほどの広さですが、40人もの依存症の人が元気に過ごしているので人口密度は高めです。
    入った当時はアルコール依存、薬物依存、ギャンブル依存がいまして、数で言うとギャンブルが一番多かったかなと思います。

    また日中に集まって回復プログラムをやるデイケアと夜寝泊まりするナイトハウスが分かれており、ナイトハウスは4つほどあり、それぞれ分かれて寝泊まりするといった流れになります。

    私の中のイメージでは、シェアハウスのように一緒に住むこと以外は割と自由にできると思っていたのですが、実際には色々ルールがありプログラムに参加することが義務となっていたりと全寮制の学校に近い雰囲気でした。
    学校と異なるのは全員が何かしらの依存症を抱えているということ…
    元ヤクザで背中一面に和彫が入った薬中から会社の金を横領して捕まったギャンブラーまで様々な依存症の人が住んでいる人種の坩堝のような場所です。

    施設に入った当初は処方薬の離脱でヨレており、社会経験もほぼなかったため目上の人にタメ口で話してしまうというバカをやってしまい、元ヤクザの人にブチギレられた思い出があります。
    初めて来た人が怖い人を怒らせるのが依存症施設の洗礼でもあるのですが、そういった出来事からお互いのことを知って仲良くなるきっかけにもなったりします。

    一日1500円の小遣いだが、慣れると楽しい

    私の入った施設でもらえる1日の生活費は1500円で、基本は日払いとなります。 まとまったお金が入ることで薬物やギャンブルに使ってしまうことを防ぐためです。
    その中から500円貯金をしたり、お金を貯めて好きな服やお菓子などの生活費に充てます。
    刑務所上がりや殆ど無理やり連れてこられた人は服も貯金もないので、献品といって施設にいた人がいらなくなった服をもらってしのぎます。

    先ほども書いたように施設生活ではプログラムの時間や就寝時間がある程度決まっています。
    日中は施設で12ステッププログラムの座学や実践をしたり、日曜大工的なプログラムや近くのショッピングモールにみんなで出かけて遊んだりするプログラムもあります。

    なんかこれだけ聞くとすごく惨めな印象を抱くと思いますが、基本的に施設は楽しいです笑

    確かに仕事もせず一日1500円で暮らしているというと少し悲しい感じがしますが、入寮者30人がみな同じ待遇で、皆が依存症からの回復に向けて一丸になって取り組む意思を持っているので惨めな思いはしません。
    それどころか、依存症で苦しんできた過去などは皆が共通して持つものなので、そういった仲間に囲まれて今まで人には言えなかった心の内をありのままにさらけだすことができるようになってきます。
    依存症は孤独の病と言われるように、同じ問題を抱える仲間と一緒に過ごすことが孤独から解放される一番の近道なんだなと僕は実感しました。

    つい社会に出ると、お金を稼いだり仕事で成功してチヤホヤされることが孤独を癒す方法だと勘違いしてしまうことがありますが、そういった方法で満たされることはないんですよね。
    「気の合う仲間と700円しか持たずに行くショッピングモールは最高に楽しかった」
    たまに立ち止まって施設生活のことを思い起こすとそのことに気づきます。


  • 最近セレブレイトリカバリーに参加しています

    最近セレブレイトリカバリーに参加しています

    こんにちわ、ぱらきぃとです。

    依存症回復プログラムというと、NAやAAで使用されている12ステッププログラムが有名です。
    12ステップはアメリカのクリスチャンが作ったプログラムですので、キリスト教国家のアメリカで「ハイヤーパワー」「自分を超えた大きな力」という言葉はそのまま「イエス・キリスト」を指します。
    しかし、日本はキリスト教国家ではないので、「神=イエス・キリスト」という大前提が通用しません。
    12ステップの文言にも「自分を超えた大きな力が私たちを正気に戻してくれると信じるようになった」とある通り、12ステップの本質は神でありキリストです。
    したがって、神をキリスト以外の八百万の神にしてしまうと本来の12ステップの効果は得ることはできません。信仰の自由は確かにありますが、12ステップの原理的にはキリスト以外を信じても回復することはできないのです。
    日本のAAなどでも12ステップが本来の意味からかけ離れて回復率が低下していると警鐘を鳴らす人がいるほどです。

    そこで、ハイヤーパワー=イエス・キリストという概念を確立させた依存症回復プログラムがあります。
    それがセレブレイトリカバリー(CR)です。
    あまりやっているところが少ないのですが、私は聖書キリスト教会という教会のCRに参加しています。

    このセレブレイトリカバリーはアメリカの牧師のリックウォレンとジョンベーカーという人が作り出したキリスト中心の回復プログラムです。
    二人の著作である「回復の道」「回復の喜び」という本にて解説されています。
    今アメリカでも急速に拡大している回復プログラムで、多くの人がこのプログラムを通して依存症からの回復とキリストと共に生きる喜びを手にしています。

    基本的なルール(アノニミティ)などはAAやNAなどの自助グループと同じですが、私の教会の集会ではまず初めに牧師のメッセージがあり、それが終わってから分かち合いといった流れになります。
    参加しているメンバーは性依存症や性的な嗜癖を持つ人が多く、男女別に分けられているので性に問題のある人も参加しやすいようになっています。

    自助グループではハイヤーパワーの概念が薄く生きづらさなどがメインに語られることが多いのですが、やはりこのCRはキリスト中心のグループだけあり、生きづらさの上に救いがあるという希望のメッセージが語られることが多いです。
    やはり、希望を持って回復に取り組んでいるクリスチャンのエネルギーは見ているこちらも力づけられます。今、回復の停滞期にある人も、CRに参加してみると何らかの解決に役立つのかもしれません。

    難点は日本では知名度が低くあまりやっている教会が少ない、といったところです。
    今の所どこでやっているのか私もあまり把握していないので、いつか調べてブログの記事としてあげてみたいと思います。

  • ブログを久しぶりに始めてみて

    ブログを久しぶりに始めてみて

    こんにちわ、ぱらきぃとです。

    中学生ぐらいのときにWeb制作やプログラミングに興味を持ち、HTMLやCSSを独学で勉強し一人でWebサイトなどを作っていました。この時の自分の探究心には驚かされます。見るもの全て輝いていたというか、ピュアな心で物事を見ていたなと思います。

    残念なことに同時期に依存症も発症しはじめて、最初は薬局のカフェイン錠剤から始まり、精神病院から帰ってきた母親が持っている処方薬などを陰で乱用し始めたりと悪化していきました。
    中学2年の後半ぐらいから処方薬を乱用しながら学校にも行かずに2chを見ながらプログラミングをしたり、これまた独学の英語で海外から脱法ドラッグを輸入したりと当時の自分は自由気ままだったなと我ながら関心しています。

    まあそんな状態は安定して続くわけもなく、ハードなドラッグにハマり始めると生活自体がメチャクチャになり、次第にIT関連からは遠のいていました。
    あの時に薬物に手を出さずに真っ当にプログラミングやWebデザインなどを極めていたら今頃はもっとマトモな大人になっていたと思うのですが…

    今の事務職がIT関連なこともあり、プログラミングやWebデザインを始めてみようかなと思いMacbookまで購入したのはいいのですが、肝心なやる気がでない…
    学生の頃は目的や利益など考えずにやりたいことを好きなだけやっていましたが、大人になって会社勤めになってしまうと時間やエネルギーなどが限られてどうしても目的や必要性の有無などを考えて行動できなくなってしまう…
    昔のような自由な考え方ができなくなってしまったなぁと物凄く落ち込みますね…
    Webデザインの技術なども完全に抜け落ちてしまっていて、最近の技術に全く追いつけていません。

    まあ、リハビリだと思ってゆっくりとやっていこうと思っています。
    このブログは依存症からの回復に焦点を当てているので、デザインなどは二の次です。
    なんか昔は見た目ばかり気にして肝心の中身がなかったなと思っているのですが、一度依存症で地獄を経験して割と地に足がついた考え方ができるようになったので、中身は昔よりは豊かな人間になったかなと思っています。
    やはり人間は大きな失敗や挫折を経験しないと本当の意味での回心はできないと思っています。
    あの時の失敗や愚かな経験があったからこそ、今の自分がある。そう確信している日々です。

  • 若者の咳止め薬などの市販薬依存について

    若者の咳止め薬などの市販薬依存について

    こんにちわ、ぱらきぃとです。

    最近トー横での若者の咳止め薬などの市販薬の乱用・オーバードーズが取り立たされています。
    実際には咳止め薬のODは以前からあり、私が中学生のころ(2010年ごろ)にもあったし
    私の母親も咳止め薬の乱用そのものは経験があったので、何十年前からも乱用されてきているんですね。

    ただ今はネットの普及により、一部のメンヘラジャンキーだけが嗜む乱用性薬物から10代の若者がファッションのように気軽に乱用できる嗜好性薬物になったのかもしれない。

    どんなものが乱用されているのか?

    医薬品には医師の処方が必要な医療用医薬品と、薬局などでも買える市販薬、いわゆるOTC医薬品が存在します。
    今は昔と比べると医者も慎重になっているので、未成年の子供に依存性のある医薬品はなかなか処方しません(まともな医者ならば)。
    一方でOTC医薬品は「おひとり様おひとつまで」などといった規制はありますが、いまだにネットでも買えますし薬局をハシゴして買うことだってできるので入手が容易で若者が手を出しやすい実情があります。

    乱用されている市販薬にもいろいろありますが、有名なものは咳止め薬でしょう。
    私自身もなんどか乱用したことがあります。
    主に作用する成分はコデイン、エフェドリン、クロルフェニラミンなどがあります。
    ヘロインやモルヒネと構造のよく似たコデインと覚せい剤に構造の似たエフェドリンが配合されていますので、これをODすると独特の高揚感と酩酊感を感じます。
    合法のスピードボールのような、とでもいいますか…

    コデインにはモルヒネ様の精神・身体依存や耐性がありますので、大量に長期的に摂取したあと急に中断すると離脱症状が発生します。
    下痢や発熱、体の節々のインフルエンザ様の痛み…などです。
    エフェドリンには興奮作用がありますが、同時に動悸や不安、パニック発作などを起こす危険性もあります。

    長く乱用すると精神や脳にも異常をきたし、統合失調症になって自殺した仲間もいます。
    これが薬局に売られているのが疑問に思うほど乱用されたときの依存性や毒性が強い薬でもあります。

    なぜオーバードーズしてしまうのか?

    動画でも度々出てくる言葉ですが、
    「現実逃避をしたかった」
    という言葉です。

    私自身も両親が薬物依存症という機能不全家族の中で育ち、
    母親は薬物を使って頭がおかしくなり何度も入退院を繰り返したり、蛆虫の湧くゴミ屋敷で小学生時代を過ごしたりと、そんな中で学校の友だちとも馴染めずにいました。
    その時の私は家にも学校にも、そしてこの世界中どこにも自分の居場所はないと感じていました。
    そういった思いから、不健全なところへ居場所を求めて薬物に手を出し始めました。
    ほとんど引きこもりのような状態で、自分の部屋だけが居場所。 そのように思っていました。

    トー横で集まる若者たちも同じ様な気持ちで、そこに集っているのではないかと思います。
    家庭が恵まれなかったり、学校でいじめにあったりと要因は様々ですが、生きづらさや将来の不透明感から逃げるために薬物を乱用してしまうのでしょう。
    子どもは大人と違って、経験もなく人生の視野も狭く問題解決方法も多くは持ち合わせていません。
    薬物による酩酊では人生の問題や生きづらさは何一つ解決しないどころか悪化していくのですが、子供にはまだそれがわからないでしょう(私自身もそうでしたので…)

    どう解決していくのか?

    トー横で未成年の見守り活動をしているオウリーズの代表も言っていますが、

    大人が温かい手を差し伸べ続けるというのが一番だと思います。
    依存症になる人にはあるあるのことなのですが、要は学校や家庭での人間関係でつまづいて寂しさを抱えているので、シッカリと気にかけているということを感じさせてあげるのが一番です。
    何と言っても子どもですから素直です。
    例え虐待してしまった親だとしても、悔い改めて子どものためを思い再び愛情を注いであげる。
    これが重要だと思います。

    とは言っても、なかなか親も子どもの問題には気づけていても自分の問題には気づけないものです。
    オウリーズのような第三者の助けが必要な場合もあるでしょう。
    こういった団体の働きがさらに広まり、関係各所が連携してこうした子どもたちを見守っていくことが大切です。

  • 依存症の自助グループってなに? 依存症当事者が解説

    依存症の自助グループってなに? 依存症当事者が解説

    こんにちわ、ぱらきぃとです。

    アルコールや薬物、ギャンブルが問題になり、自助グループを進められたことがある方もいらっしゃると思います。
    またご家族の方も、本人の治療方法を調べていく中でなんとなく自助グループに行くのがいい、ということまでは分かったもののあまり情報がなく、どんなところか分からない!
    そんな方が多いと思います。

    今回は依存症の自助グループがどんなところかということを解説していきたいと思います。

    (さらに…)
  • 依存症は孤独の病?依存症と孤独の関係性

    依存症は孤独の病?依存症と孤独の関係性

    こんにちわ、ぱらきぃとです。

    「依存症は孤独の病」
    こう依存症の自助グループではよく言われています。

    依存症と孤独にはどのような関係性があるのでしょうか?
    3つの要点に絞って解説していきます。

    (さらに…)
  • 依存症の回復プログラム「12ステップ」とは? -概要-

    依存症の回復プログラム「12ステップ」とは? -概要-

    こんにちわ、ぱらきぃとです。

    依存症の自助グループで使用されている回復プログラムの「12ステップ」という言葉。
    聞いたことがあるけどよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

    確かに、「神」や「ハイヤーパワー」といった聞きなれない単語が出てきて、普段の生活にはあてはめずらい。
    しかも、なぜこれで依存症から回復できるのか、論理的な理由が分からない。
    最初はそのように感じると思います。

    しかし、このプログラムは依存症の本質的な原因に踏み込み、「生き方」そのものを変えていく極めて有用なプログラムであり、
    今日までに多くの依存症の方がこのプログラムに取り組み、人生を取り戻してきました。

    この記事ではそんな12ステップがどのようなプログラムであるか、という概要について書いていきたいと思います。

    (さらに…)
  • どうやったら依存症から回復できるの? -家族編-

    どうやったら依存症から回復できるの? -家族編-

    こんにちわ、ぱらきぃとです。

    現代の情報あふれる日本においても、依存症の認知度というものは低く、その回復方法というのも一般には知られていないのが現状です。
    当事者はもちろん、
    家族の方も、「助けてあげたい」「治してあげたい」という気持ちがあるのに、どのような方法をとればいいかわからないという方がほとんどだと思います。

    中学時代から10年以上薬物依存に苦しみ、現在は薬物を止めて5年になる私ぱらきぃとが実体験を基に、依存症の只中の状態から薬物を止めて回復していくための方法をお伝えします。

    (さらに…)
  • 依存症かと思ったらここに行け! 相談窓口&自助グループ一覧

    依存症かと思ったらここに行け! 相談窓口&自助グループ一覧

    こんにちわ。
    ぱらきぃとです。

    依存症かと思ったけど、どこに相談したらいいかわからない!
    そんな方に依存症の相談窓口とその回復支援の窓口をまとめました。

    (さらに…)
  • こんな人は依存症になりやすい!? 依存症になりやすい人の特徴5選

    こんな人は依存症になりやすい!? 依存症になりやすい人の特徴5選

    皆さん依存症になる人というのはどういうイメージがありますか?
    ギャンブル、薬物、アルコールなどの依存症はニュースなどで最近も耳にするワードだと思います。

    依存症になる人は責任感がない!
    ルールやモラルを守らない自己中心な人
    精神疾患を抱えていたり、低所得で低学歴な人

    というように思う方も多くいるかもしれません。

    確かに上にあげたような人も依存症の人には多くいますが、実際にはこれとは真逆のような人が依存症になるケースもあります。

    責任感が強く、真面目でルールを守り、社会的な地位も持っている。
    なのに依存症になってしまう。
    なぜでしょうか?

    私にも確実なことは言えませんが、私が回復の中で出会ってきた依存症の人の傾向から、依存症になりやすい人の共通点がある程度見えてきました。
    今日はそんな依存症になりやすい人を私の独断と偏見にて解説していきます。

    1. 幼少期〜青年期のトラウマを抱えている

    まずこれがほとんどの依存症の土台とも言えるでしょう。
    アダルトチルドレンや毒親という言葉が最近もよく聞かれるようになりました。
    アダルトチルドレンというのは、アルコール依存症の両親に育てられたなど機能不全家族の影響を抱えたまま大人になった人のことです。
    子どものころ、親に愛情を注がれずに育ち、子どものころの「愛されたい」というニーズを満たせないまま大人になると、空虚感や自己否定感などの生きづらさを持つことになります。

    その空虚感などの生きづらさをアルコールや薬物、ギャンブルなどの快楽で紛らわせようとしますが、それは失敗に終わることがほとんどです。

    2. 発達障害を抱えている

    ごめんなさい、これはある種の偏見に近いかもしれません。
    私自身、発達障害のグレーゾーンですし、私の知人や友人にも発達障害の方は多いです。
    依存症施設には常時30人以上の依存症者が入寮していて、そこに私も暮らしていましたが、
    発達障害の割合は極めて高かったです。

    ADHDやADDは長期的な報酬よりも短期的な報酬(アルコールやお酒、ギャンブル)などを好む傾向にあり、
    また発達障害を抱えていることにより、1章で挙げたように幼少期〜青年期のイジメなどのトラウマを抱えていることなどがあるのかもしれません。

    3. 真面目で責任感がある

    これはアルコール依存症、処方薬依存症、ポルノや盗撮などの性依存症の人に多いです。

    真面目で責任感があるのに、なぜ依存症に?
    そう思われるかもしれませんが、

    真面目で責任感があるからこそストレスをためやすく、息抜きができないものです。

    また、真面目に仕事をし、誰よりも成果を出したい。
    このような欲求の裏にはアダルトチルドレンの1タイプである「ヒーロー」がある場合があります。
    両親に認められるには、勉強で一番になり注目されるしかなかった。
    このような思考の癖を大人になっても抱えていることがあります。

    4. 繊細な性格である

    これは私なのですが、HSP(Highly Sensitive Person)という言葉を最近よく聞くようになりましたが、
    繊細な性格ということはやはりストレスをためやすく、依存症の人に多い特徴です。

    5. 青年期、ヤンチャをしていた

    これは薬物依存症に圧倒的です。
    ヤンチャをするというのは、アダルトチルドレンの1タイプの「スケープゴート」が顕在化したものが多いです。
    やはりこれもアダルトチルドレンが関連してそうです。
    本当にアダルトチルドレンは依存症の根幹的な問題でもありそうです。

    また、このとき薬物を進められたりすると、それが薬物依存のきっかけになることが多いです。
    ヤンチャをしていても、薬物依存さえなければ、大人になり家庭を持てばシッカリと真面目に更生することが可能なのですが、
    薬物依存に発展してしまうと、自分の意志では止められないため、大人になっても薬物を使用し問題を起こしてしまうことがあります。

    おわりに

    いかがでしょうか?
    もちろん、上記に該当していても依存症ではない人も多くいます。

    人それぞれ、依存症になってきた過程はことなり、一概には言えませんが、依存症というものがどういった人に起こりやすいのかわかりましたでしょうか。
    この記事があなたの依存症の理解の助けになれば幸いです。


タイトルとURLをコピーしました